派遣に登録してから実際に採用されるまでの道のり。年齢の壁は厚かったがそれよりも派遣では経験が何よりも重視される

知りたかった!派遣社員の採用について
知りたかった!派遣社員の採用について

派遣登録から実際に採用されるまでの道のり

今年の春から派遣社員として社会復帰しました。出産を機に退職してから5年。40歳も越えているし、正社員への道はかなり険しそう。そんなわけで、とりあえず派遣会社に登録するところから私の社会復帰への第一歩が始まりました。派遣への登録は簡単でした。経験者なら誰でもOKでしたし、パソコンスキルがそこそこあったのですぐに働けるところもありました。ただし、私が当初希望していたのは深夜。子どもを預かってくれる場所がないので、夫婦でやりくりするしかないと考えていたのです。

しかし深夜という枠がいけなかったのか、年齢で落とされること数回。もともと求人数が多くなかったのもあり、断念。そしてその後ある会社で採用され、働くようになって思うことは、やはり会社が派遣に期待しているのは「経験値」なんだなということ。やる気さえあれば年は関係ない!経験さえあれば何とかなるものです。

実際私が現在働いているところは、就職前にしていた仕事とほぼ同じ。派遣の営業担当の方に聞いたところによると、この求人には何十人も応募があったそう。それなのに40を過ぎた子持ちの私が選ばれたというのは、条件ではなく即戦力を重視されていることに他ならないのです。また私自身も、以前経験していた仕事だからこそ5年ものブランクがあってもすんなり馴染むことができたのだと思います。なので、これから再就職を考えている方には、いきなり新しい仕事に挑戦するより、まずは一つでも不安要素が少なくなるという理由からも、今まで経験していた仕事から挑戦してみるのはいかがでしょうか?

Copyright (C)2017知りたかった!派遣社員の採用について.All rights reserved.